07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

命日

2009年06月26日
今日は父の命日です。
 
生きてたら・・・66歳。もう5年たちました。

大腸ガンの完治直前に、悪性リンパ腫(血液のガン)に。
最終的には抗がん剤の副作用で、心臓が持ちませんでした。

それでも、抗がん剤のおかげで延命した4年間は、貴重だったよね。
妹が結婚したり、還暦旅行に行ったり。

お父さん。
うちの子たちも大きくなって、今年は3人が小学生だよ。
もうすぐ、妹に3人目が生まれるよ。
お母さんも、孫の世話に忙しくて元気にやってるよ。
日記 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
叔父(父の兄)と重なります。
先日、その叔父の13回忌でした。
叔父は進行が早くて…。
お葬式は本当につらいものだったけど、今では孫がうまれたりお嫁さんがきたり、集まるたびに人数が増えていって賑やかで穏やかな法要でしたよ。
みーちゃんママさんのお父さんも喜んでるでしょうね。
4年間‥本当に貴重な時間ですね。
楽しい思い出ですよね。

気のきいたコメントが出来なくてすみません。
うちの父も亡くなってこの秋で丸8年目を迎えます。
「父の命日」って言うタイトルだけで、亡き父を思い出し泣けてきました。
 今の自分の生活があるのは亡き父に幼い時から、
生きる力(社会にでて恥ずかしくない身の振る舞い、自分で考える力、等など)
をしっかり教えてもらったからだと思います。
 うちも家族が増えたり、生活に変化がありました。
亡き父への報告は、毎回、
「母も元気にやってます。ありがとう」と言うありきたりの始まりです。

リンク貼らせていただきました。これからよろしくです。
自分の事と重なります…。
私は母が14年、父が12年になります。
離婚している両親なので、父の方とはあまり縁なく生活していましたが、
私も手を合わせるときは、日々の安泰に感謝しながら報告をします。
5人のおかんさま

ガンそのものじゃなくて、抗がん剤で、ってなると
ちょっとショックでしたけれどね・・・。

最後の入院から2ヶ月足らずで他界したので、
苦しい時期が短かったのは救いかもしれません。
いい人生だったよね、って、思うことにしています。(^_^)v
おかーにゃんさま

うちは、お墓もないし法事とかしないんですよ。
(遺骨は実家に置いてありますわ)
お墓を守るのって、子供くらいまでならいいですが、
孫とかその先になると負担にしかならないからって。

母が逝ったら、一緒に海にでも撒いて欲しいそうです。
なので・・・父は今でもその辺でフラフラしてると思います(笑)。
いってきまうすさま

子供好きな父でしたので、孫にはもうメロメロでした。
うちの子は会わせられたのですが、妹の子は間に合いませんでした。

その妹に、そろそろ3人目が生まれます。
父がもういなくても、その血がつながっていくって不思議です。
たんぽぽさま

私たちの年齢的に、こういう話もだんだん増えてきますね。

本当の死は、思いだす人がいなくなった時、だそうなので
とりあえずまだ父はその辺にいる・・・と思います(笑)。

うちは祖母、母、義母・・・女ばかり残ってますよ~。
女は強い、です(笑)。

管理者のみに表示