fc2ブログ
Kids' ISOプログラム、って、聞いたことありますか?
私も初めて聞いたのですが、5年生がこのプログラムに
取り組むことになりました。


「Kids'ISO 14000プログラム」とは、ArTech(国際芸術技術協力機構)が開発した
子どものための環境教育支援プログラムで、ISO14001規格をもとに
「省エネ・リサイクル」を中心に環境保全活動を行うための管理システムです。

子どもが中心となり、電気使用量や水の使用量などをチェックした上で
使用量削減のための作戦を考えます。
そして家族全員で話し合いをし、作戦を実行していきます。

もちろん家族全員で取り組みますが、実際に計画を立て
実行に移す時のリーダーは子どもたち一人ひとりです。



簡単に言えば、環境・省エネ問題を身近なところから考えよう!って
ことですね。

【一週目】
 家庭で電気、ガス、水道の消費量と、ごみの量をチェックします。
 → 分析シートで状況を確認し、それぞれの量を減らすための作戦を立てます。
【二週目】
 家族と一緒に作戦を実行しながら、電気、ガス、水道の消費量と、
 ごみの量を再度チェックします。
 → 分析シートで二週目の状況を確認すると共に、一週目と二週目の
    数字の違いを比べて、作戦の効果を確かめます。
【取り組みが終了したら…】
 二週間の取り組みを終了し、ワークブックを完成させたら、アーテックへ送ります。
 → アーテックのエコキッズインストラクターが、ワークブックの内容を評価し、
    一人ひとりへ評価書を発行します。



とまあ、文章で書くと難しいですが、要するに
「電気、ガス、水道メーターを2週間毎日チェック」
「可燃ゴミの日に、重さをチェック」
をしてください、ってことなんです。

で、対策を考えて実行し、それでどのくらい数値が下がったかを
実感するようになっています。

長女が部活から戻って、5:30くらいにメーターを見に行くのですが
外はすでに暗く・・・懐中電灯持って、なので、結局私もお付き合い。
雨の日なんかもっと大変・・・。
習い事の日は遅くなるので、私がやらないといけないし。

いえいえ、面倒がっててはいけませんね。

でも・・・うち、紙ゴミはかなりリサイクル用に分別してるので
可燃ゴミは1週間にひと袋出すか出さないか、ってくらい少ないの。

廊下の電球はセンサー式にしてあり、いないと消えるようになってるし。
最近、庭のセンサーライトも太陽電池タイプに交換したし。

う~ん、あとはどこを削減すればいいのやら・・・。
白熱球を、電球型蛍光灯に替えようかとは思ってるんですが。

あっ!
パソコン時間を減らす!

・・・・・・それは無理かも~・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://miawatti.blog99.fc2.com/tb.php/446-4ce6d5a8