fc2ブログ

2024-03

柏の葉T-SITE

ブロ友のPYGさんとお会いするのが第一目的で、
第二目的が、会場になっていたTーSITEに行くことでした。

IMG_8375bunner.jpg

2月に水戸の梅園に行ったときに前を通っていて、
その時はまだ工事中だったのです。
何が建つんだろうね?と話していたけれど
それから通ることはなく。
車で1時間くらいでしたので(空いている場合で)
ちょっと遠いかな~。

さて、外観は4~5つの建物に分かれているように見えますが、
中は一つにつながっていました。
T、は蔦屋書店のT、なんでしょうかね。
中央の通路沿いに、両サイドが蔦屋の本棚。
で、その外側に様々なお店が並んでいます。

写真を撮っていいのかわからなかったので・・・

紹介しているサイト  を貼っておきますね。

天井までの広い吹き抜け、明るい店内。

本とグッズのコラボ・・・。
手芸の本の並びには、毛糸が販売されていて、
ペン習字の本の並びには、文具や便箋が売られている、
といった感じです。

カフェ併設のコーナーもあるようですし
(本を持ち込める)
二階は子供向けの本が集められていて、
個室のように区切られた、読書用のベンチが置かれ
(子供が何時間でもいられる気がする・・・)
さらに一角には、キッズスクールの開催スペース。

名づけの本と、出産祝いと、初めての絵本と、・・・と、
順を追って並んでいたり。
その先は、おけいこごとの本とか。
子供の成長に合わせたラインナップ。おもしろいなぁ・・・。

企業の図書館運営で問題になったことがありますが、
一般の書店の多くは、出版社ごとに本が並んでいます。
図書館は、出版社は関係なく、十進分類表というルールに
したがって並べられているのです。

ここは、新刊は出版社ごとに並んでいましたが、
それ以外の日本の小説は、出版社ごちゃまぜで、
著者名ごとにアイウエオ順に並べられていました。
図書館寄りの並べ方です。

図書館に勤める身としては新鮮でおもしろかったです。
図書館は販売目的ではないし、中学校なので
同じことはできませんが、子供たちが本を手に取るような
展示とか、コラボとか、参考にできることもありそうです。

はっ。
つい仕事目線で見てしまった・・・。

もう少し近所にあったら、一日中ふらふらできそうです(笑)。
うちの市にも、こんなところがあればいいのになぁ。

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miawatti.blog99.fc2.com/tb.php/2166-7975f6b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

20歳になりました! *TOP* 初対面!

プロフィール

みーちゃんママ

Author:みーちゃんママ
                     
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

長女は嫁にいき、旦那さんと
娘の三人暮らし。
+ワンコとフェレット

長男・次男、昨年より
社会人になりました。

長男は年男!

カウンター

いらっしゃいませ(^^)/

最近の記事

最新コメント

ブロ友さんリンク

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

************
***************

ブログ内検索