07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

三者面談

2016年08月15日
夏休みに入ってすぐのころ、
高校の三者面談に行きました。

駅からのスクールバスが、登校時間外でも
30分に1本程度走っているので、保護者も
それに乗せてもらえます。
駅からだとちょっと不便な場所なんですよね~。

中学までは、面談時間は1人10分~15分程度、
話したいことをまとめておいてください、なんて
事前に連絡があったりするのですが・・・

私立高校、1人1時間の枠があるんですけど!?
そんなに話すことないよね・・・。

ありました(笑)。

60分のうち、50分は先生が話してたんじゃないか、
ってくらい、よく話される先生でした。

実は、入学式は中学校と重なってしまい、
長男の方はだんなさまが行ってくれたので
私は担任の先生には会っていません。

保護者会も1回ありましたが、先生が顧問をしている
部活の大会に当たってしまい、学年主任の先生が
対応で、やはり会えてなくて。

今回が初対面となりました。

なんか、あまり勉強しろ、的な話は無くって。
長男、定期テストはそこそこなのに、
毎週ある英単語と漢字の小テストが取れてないんです。
こつこつ頑張る、ってところができてなくって。
理数系なので、文系が苦手なのはわかりますが・・・
努力の“ど”の字くらいは見せてほしいものです。

そんな話をしたところ、担任は理科の先生なので、
今まで自分や友人が、いかに英語で失敗してきたか、
その失敗談を話してくれました。

「友人は、理数のテストはすごくできたんだけど、理工学部は
理数が得意な人ばかりが受験するから、そこでは差が出ない。
結局英語が取れずに浪人した」話とか・・・

「大学で、落としちゃいけない単位が、内容は理科だったのに
全文英語のテキストで・・・今は、論文とか英語だったり
するんだよね。で、落としちゃって1年生を2回やった」話とか・・・

めっちゃリアルなお話(笑)。

長男、勉強しろしろ言われるより
「やらなきゃ」
って気持ちになったような気がします。(^_^;)

そういえば、生活面とかまったく話さなかったな(笑)。
まぁ、スクールバスなんで、遅刻はあり得ないんですが。
私立の先生ってこんな感じ?
たまたまそういう先生?
わかりませんが、長男も居心地はよさそうです。
なかなか新鮮な三者面談でした。
育児・子供 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示