07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

職業選択

2016年01月28日
まじめな話が続いちゃいますが・・・
長女の進路の話。

中学校では、1年生で「働く人に学ぶ会」
2年生では外部に3日間の職場体験、
高校では夏休みにインターンシップがあります。

働く人に学ぶ会、では、卒業生や先生方の知人に頼み、
学校で子供たちに仕事の話をしてもらいます。

職場体験では、主に市内で受け入れてくれる店舗、
小学校、図書館、スーパー、幼稚園、ケーキ店、パン屋さん、
書店、ゴルフ場、病院、鉄道・・・などに行って、体験してきます。

インターンシップは、これも職場体験なのですが、
長女の高校では保育園・幼稚園と、介護施設
だけだったようです。

今の子には夢がない、どんな仕事があるか知って
自分の進路を考えよう・・・ということなのでしょうけれど。
私が子供の頃は、もっとのんびりしてた気がします。
私自身は、住宅建材の卸問屋の一般事務員でしたから、
別に仕事に夢はなかったですけどね~。
将来は花嫁さん!くらい、別の意味で夢見る子だった(笑)。
夢がなくたって、働いているうちに「これはおもしろい!」
ってことに出会うかもしれませんよね。

長女が話していたのは
「ここにある仕事の中だったら、保育がよかったんだけどね」
確かに、職場体験で一般事務、などはないですね。(^_^;)

いくつか体験できるけれど、逆に、その中で選ばなくては
ならない、と、かえって選択肢を狭めていたのかな。

長女は、そこまで強く「何になりたい」と思えないまま
何かにならなくちゃ、夢を持たなくちゃ、と。

中学校の職場体験は幼稚園に行きました。
高校のインターンシップは希望者だけでしたが
1年生から3年生まで、3回とも申し込んで参加。
授業でも保育を選択。
受験に向けて、AO入試に向けエントリーシートを
一生懸命書き、高校の先生にチェックしてもらい
面接の練習を何度もして。
決していい加減にやっていたわけではありません。

だけど、入試に落ちたことで、方向が見えなくなった。
それでも進むのか、方向転換するのか。
自分の職業への思いの強さは、どのくらいなのか?
まさに岐路に立ちました。

悩んだ結果、
「ちゃんと働けるなら、保育でなくてもいい」
やっぱりしばらくは、保育士に未練もあったようです。
がんばっていたのだから、当然です。
でも、自分で決めたのだから、あとは前を向いて!

ビジネス科では、基本の授業にパソコン操作などがあり
働くためのスキルが身につくそうです。
他に選択科目で、事務関係の資格を取るための
コース選択をしていくようです。
秘書、司書、経理、金融、旅行、医療事務、ファッション・・・
長女の新たな道は、選択肢がたくさんあります。
たくさんありすぎて
「私、何やればいいかなぁ~?」

悩みは尽きないようです(笑)。
短大では入学前に事前指導があり、選択科目の
説明をしてくれるようです。
2年後の長女は、何を学んでいるでしょうね?
育児・子供 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
どんな仕事に就くにしても簿記は取っておくと便利かもしれません。
と、フリーになって確定申告の時期が来るたびに泣きながら帳簿と格闘してる叔母は老婆心ながらに思うのです(T_T)。
紫さま
長女に伝えました~!
選択肢が多くて悩んでます。(^_^;)




管理者のみに表示