07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

復活~!(^^)!

2012年02月06日
月曜日、次男、発熱。最高でも38.3℃、咳あり。
    比較的元気。関節痛なし。

火曜日、次男、37℃台。

    長男、発熱。
    朝は38℃、昼に39℃、夕方40.1℃。咳、少しあり。
    関節痛は感じてないようだが、あまりの熱なので病院へ。

この時点で、熱同士だったので一部屋にまとめていた兄弟、
2人ともインフルならよいが、違ったらまずいよね・・・。

なので、兄弟2人とも検査してもらう。
長男、A型確定。次男、陰性。あらら、やっぱり・・・。

予防接種してたんですけどね~。
型があわなければそもそも効果がないし、
抗体のできかたは個人差があるようです。

次男は2階へ戻し、私が長男と1階に。

だって、長男、突然起き上がって手をばたばた・・・

「顔が、おっきな顔が・・・怖いよ!」

いや、君のほうが怖いって・・・

「どした?夢だよ、大丈夫だよ」
長男、視線が部屋をぐるぐる、状況がつかめてないようです。

「おうちだよ、みんないるよ」
「・・・怖いよ・・・」

背中さすって落ち着いたのか、また眠りに。

しばらくして、また目覚めると
今度は座って、自分の両手のひらをじ~っと注視。
「手がおっきい・・・」

「?」
「ほらっ、手が大きいんだよ」

「・・・・大丈夫、普通の手だよ」
「・・・・?」

また視線が泳いでいます。正直、怖いですよ、この状況。
正気そうに見えて、幻覚が見えているのでしょうか・・・。
脳炎とか、後遺症とか出たらと心配になりました。

手を握ってやって、また眠りにつきました。

タミフルの副作用との因果関係が証明できていないので
10代にはリレンザという薬を処方してもらっていますが、
タミフルのせいというより、高熱でこうなっちゃうんでしょうね・・・。

この日は添い寝してましたが、夜中に笑ったり
「(自分の名前)が!」「バスケ、バスケ」
なんだかよくしゃべっておりましたね。

翌朝、熱も37℃台まで下がって
「おっきな顔がきた?」  「顔?」
「手は大きかった?」   「手?なにそれ?」
なぁんにも覚えていませんでした(苦笑)。

で、水曜日、次男は登校できましたが、
今度は私が変な感じ・・・37℃台の微熱なんですが
やたらだるくて、ちょっと動くとすぐ疲れてしまう。

関節痛は、ほんの少し。咳すると頭痛がありました。
これはちょっとやばいかも~・・・。

木曜日、だんなさまに遅刻してもらい病院へ。
インフルエンザの検査は鼻の粘膜を採取して
10分ほど待つのですが・・・10分も待たずして
速攻でAに反応あり。菌が強いとすぐ出るんだとか。

あ~あ。私はタミフルの処方です。
PTAの運営委員会とか(私が司会進行なので)
入学説明会とか(前でしゃべる予定でしたので)
いろいろ他のメンバーにお願いの段取りして。
あちこち迷惑かけちゃったわ・・・。

熱は元々低かったのですぐ下がりましたが
だるさが抜けるのに数日かかりました。

そんなこんなで、1週間後の月曜日、長男も登校です。
私は今日でタミフルが終わるので、明日から仕事へ。
残りの家族3人に移っていませんように・・・。(^^ゞ
育児・子供 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
復活でよかった!
長男君大変でしたね。
私も幻覚とかはタミフルのせいじゃなくて高熱のせいだって思うんですけど、
目の前で異常行動されると焦りますよね。(私も次男で経験アリ)

みーちゃんママさんもあともう少し!
病み上がりで体力が落ちてるんですから、
ほかの病気もらわないよう気を付けて!
たんぽぽさま
ほんと、どうなることかと思いましたが
熱が下がったら普通に戻りましたわ~。(^^ゞ

数日寝てたせいか、長男、背が伸びてる!?
私は・・・伸びてないようです。i-195

管理者のみに表示