07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

書初め作品

2011年02月19日
まずは、書道教室の書初め作品。

0118書初めbanner

長女は3年の冬、長男は3年の春から習っています。
教室は「日本習字」の支部です。

長女は観峰賞(金賞の上、らしいです)で

5段 → 準6段 に進級。

長男は金賞で、

初段 → 準2段 に進級できました。

長女はまぁ、じっとした作業は問題ないと思ってましたが、
長男が思いのほか、お習字は好きみたいでよかったです。
それまでの硬筆は殴り書きの文字ばかりでしたから(苦笑)
落ち着いて書く時間が必要だったのかもしれませんね。



次は、学校に提出した作品です。
県では、書星会、という社団法人が審査のようです。

出したら何かしら賞が付いてくるような感じ(笑)?
調べてみたら、
銅賞、銀賞、金賞、佳作、特選、書星会賞、書生会長賞
となっているそうです。
会長賞、は出ないこともあるんだとか。
書星会賞で、クラスに1人出るか出ないか、というくらい。

今回、2人とも 「特選」 でした。
長男はわからないのですが、長女のクラスでは
書星会賞が1人、特選も1人、ということでしたので
クラスで2番になれたのかな?

0118特選banner
0208特選banner

賞のためにお習字をしているわけではないけれど、
がんばった結果で賞が取れたら、励みになりますね!
育児・子供 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
上手だなぁ~
うちの次女が鉛筆の持ち方が握りなんですよ。
なかなかなおらないのです。
綺麗な字っていいですよね。
観峰賞ですか。初めて知った賞の名前ですけど
作品が最高の賞と語ってますね
すごいです。バランスも良く見ていてとっても気持ちが良くなります^^
長男くんの字も力強くて好きです。
沢山練習したんだねー
パイナップル定食さま
習字はいいのですけれど・・・
普段の字は、やはりあんまりよろしくない。
何ででしょうね~???
あひたんさま
日本習字内だけに通じる賞ですので
外部ではどのくらいになるのかわかりませんが・・・。
子供達も「見て~」って喜んで帰ってきたので
よかったです。(*^_^*)

長男、鉛筆文字もこのくらいがんばれたら
いいんですけどね~・・・i-195

管理者のみに表示